ただリコ2話:ただ離婚してないだけ

お昼ごはん何を食べるか真剣に30分くらい悩んだw
どうもこにちわ♪るぁです。

書きかけ?になっていた【ただ離婚してないだけ】2話!
物語に沿いながら感想なんぞ♪
今日3話放送日だからねー!
もういいかな…とか思ったりもしたけど、やっぱり記しておきたい♪
プチただリコ2話
こちらで書いた前置きや冒頭シーンは端折って続きから書かせてちょ✧

tadariko44.jpg
やっぱりこの画、好きだな。
そして主題歌の【Fear】すごく好きだなぁ。
愛はいずれ消えますか?という始まりが怖い。
前奏の孤独と闇へ誘うような無機質感とピッタリな裕太まの第一声。
愛は【消える】と分かっていて問うてるようで怖い。
ひたすら闇の底まで堕ちた許されない愛を懺悔してるのかな。

…ああぁぁ!ドラマの本編に沿いながら自分の受け取りぃぃー!

プチただリコで書いたように、不倫旅行先で温泉に浸かりながら…
「赤ちゃんができた」
「堕ろせ!絶対に堕ろせ」と言われた萌。
「分かってるよ。当たり前じゃん」と努めて普段通りに返す。
ぞんざいに扱われても、怒りより哀しみが占めている萌。

そして一夜が明けて、駅で別れる2人。
☆ただリコ2-4.gif
「じゃっ…ここで」
それ以上、何も言うことはないのか?
自分の子を身籠っている相手に掛ける言葉はないのか?
まるで【もうお荷物】みたい。
そんな不倫相手とは、さっさと離れたい思いでいっぱいな正隆が哀しすぎる。

自分の家庭環境を呪い、嘆き、勝手に閉じこもり、全て他人のせいなんだろう。
tadariko45.jpg
家までの帰り道、耳に入ってきた柿野製薬のニュース。
インタビューに答える義弟の声で、苛立つ正隆。
この世の全てが敵…そんな表情をしながら家に帰ると…。

妻の雪映が産婦人科に通っている事が診察券で分かる。
tadariko46.jpg
「なんでまだ産婦人科なんか行ってんだよ!!」
「子供なんかいらねって言ってんだろ!!」

と吐き捨て早々に仕事部屋に籠もる。

「どいつもこいつも…くそがっ!」
tadariko47.jpg
全て自分以外の人間や世の中のせいなのかな?
何がそんなに怖いの?
何をそんなに恐れているの?

まるで、汚れや傷を知ってしまったからこそ防御壁という積み木を積み重ねる子供みたい。
生気も希望もない目で窓の外に視線をやる正隆は思い出す…。

tadariko48.jpg
バリバリ仕事をしていたあの頃。
会社の期待を背負い、結果も出していたあの頃
頑張れば頑張るだけ信頼も得て、より仕事も恋も潤滑に…。
義弟にも尊敬の眼差しを向けられる。
そして父親にもきっと認められる!

tadariko49.jpg
容姿端麗な恋人とも順調
仕事が忙しい正隆に着替えと差し入れを持ってきてくれる優しい恋人。
お父さんの跡を継いだらもーっと忙しくなるね…そんな話も出たりして。

その跡継ぎの話が現実になった日
tadariko50.jpg
父の一言で社長の座に就いたのは、義弟の利治だった。

生気のない廃人、柿野正隆が生まれた日
tadariko51.jpg
母親にも「ごめんなさい。」と謝罪されてしまう始末。
実の子、利治が生まれた時から、会社を継がせる事は決めていたのかもしれない…
その言葉で、苦い幼少期がフラッシュバックし、より一層深い闇へ沈んでしまった正隆。

tadariko52.jpg
現在もあの時と同じ絶望感漂う表情で暮らしている。

いや…あの頃よりもっと酷く家族を憎んでいるのかもしれない。
☆ただリコ2-2.gif
家族関係のワードが出ると、瞬時に悪態つくくらいには。
「校了日1つ覚えらんねー奴に指図されたくねぇーんだよ!くそがーっ!!」
正隆が口を開けば、ナイフと化して周りの人を傷つけて周っているみたいで…
憤りや悔しさを抱えながら生きているとしても、やっぱり酷い。

一方、最初は共依存で、救いか?安らぎか?体の温もりだけなのか?
分からないまま近づいて【ただ不倫してるだけ】だった萌。
しかしどんどん気持ちは大きくなり、正隆さんのためならなんだってするとまで…。
それは間違った方向へエスカレートする前兆。
tadariko55.jpg
不倫している身で、自宅に様子見に行っちゃうとか…これは危険!!

そして雪映は、カード利用歴から箱根の温泉へ行ったことを知る。
夕食時、雪映が不審げに正隆を見ていると…
tadariko53.jpg
更に嫌悪感丸出しの表情で「なに?」と聞く正隆。

tadariko54.jpg
「なんだよ」
ものすごく冷たく威圧する正隆の表情に惚れる。
雪映は「なんでもない」と返したけど、それでいいの??

中絶費用を渡すため萌と会った正隆。
萌は自分を奮い立たせて哀願した。
「手術の日って一緒に来てくれる?」
「何時に終わんの?」
「4時くらいかな?」
「この事、誰かに話した?」
「ううん」
「オオゴトにしなくていい」
付き添いの有無は返事しないんだね。
不倫相手の妊娠がいかに最小限の問題で収められるかが問題なんだね。

しかし萌は世間体や不倫の成れの果てよりも、正隆しか見えてないから…
「ありがとう♪気遣ってくれて」と言った。
☆ただリコ2-3.gif
その真っ直ぐ過ぎる重たさに、目を泳がせる正隆。
廃人と化している正隆に、乙女の真っ直ぐな気持ちは届かない
この一瞬の目の泳ぎ方が凄い!大袈裟じゃなくリアルな。

それから萌は1人で病院へ行き手術を終え、ひたすら待合で正隆を待つ。
来るはずもない正隆を…。
手術終わったよ。会いたい。
正隆はきっと、会いたいに反応したのではなく、手術が終わった事へ反応し萌に会いに行く。
辛くて寂しくて苦しい思いをし、体は衰えフラフラなのに、正隆への想いは衰えない。
「ギュってして」
「あたし頑張ったよ」

必死に抱きついてくる萌にも…
tadariko56.jpg
「もういいか。」
「まだ仕事の途中なんだ」

「………じゃっ」
これで二度と会わないから…そう付け足されてもおかしくない表情でその場を去る正隆。
そこまで…そこまで外道かな?
正隆にとってはただの不倫だから、問題が起きれば切る!
それが正解なのかもしれないけど、恋に恋してしまっている萌には、この上なく酷い仕打ち。

正隆の背中を見送る萌は、それでも泣くほど正隆が好き。
もうこれは救えない。
その加速する共依存の恋が、今日3話では悲劇を招くのかも!


以上こんな感じの【ただ離婚してないだけ】2話でした~♪
ああーーーしんどw
重い暗い救いが見えないヽ(`Д´*)ノ
正隆が極悪すぎる(৹˃ᗝ˂৹)
過去にどれだけ辛い思いをしたとしても、家族というモノから逃げたくても…
今の正隆が取っている言動・行動が許されるものじゃない!
ここまで正隆をクズ男として描いているってことは、救いと希望があるんだろうなぁ♪
公式さんでも言われている、変貌する正隆を楽しみにしてる✧

本日は10分遅れての放送で~す♪
0時10分から!!
ちょっと3話見るの怖い(*´艸`)


またねぇ!(いつもありがとございまし♥

この記事へのコメント